不動産(投資・実需)の相談窓口:ユニベスト

不動産(投資・実需))の相談窓口:ユニベスト


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/neopa02/universalinvestment-j.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

収益物件アナリスト育成事業


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/neopa02/universalinvestment-j.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

収益物件アナリストとは?

投資用不動産の収益性や損益分岐点を分析することで、投資家にとって有益な収益物件への投資をサポートします。また、特定の不動産会社に所属せず様々な不動産会社とアライアンスを組むことで、その時、その人にとってベストな収益物件の紹介を中立な立場として行う事ができます。不動産投資で失敗しないための相談窓口:ユニベストでは、収益物件に投資する方々のサポートを目的とした、収益物件アナリストの育成事業を展開しています。

収益物件アナリストが必要な理由

収益物件に投資する上で悩まされる事は、不動産投資家と不動産事業者さんとの間で情報の非対称性が生まれることです。不動産は、株式などと違いリアルタイムでの価格を把握することは困難です。また、同じ物件をとっても売主の思惑や状況で価格が変動します。そのため、適正価格を把握することは困難と言えます。

収益物件アナリストとは、投資家に変わって収益物件の分析を行い長期シミレーションや損益分岐点をはじめとする投資判断に必要なデータを精査して提供を行います。

収益物件アナリストは、ユニベストが提供する「収益物件アナリスト知識技能及び業務講習」を受講して公認の登録を行っています。そのため、所定の分析方法に基づき実数値や統計データを元に統一された分析結果を提供することが可能になります。

不動産の売買を生業にする不動産事業者に対して、収益物件アナリストは分析が主な業務内容となります。また、分析結果をもとによりベストな収益物件の紹介が可能になります。

役割(ミッション)

投資家と不動産会社の間で生じる情報の非対称性を修正しフェアな投資環境を整備する

収益物件アナリストの役割は、大きく分けて2つです。1つ目は、収益物件の分析を行い投資対象をデータ化することで、判断材料を提供する事です。2つ目は、データに基づいた上で、投資家様が求める物件情報を紹介する事です。収益アナリストの業務は、不動産を販売する事ではなく収益物件の分析と投資効率の良い収益物件の情報提供となるため、不動産会社とは完全に独立した第三者としての役割を果たします。

収益物件アナリストの種類

Profile image
自分自身も収益物件を所有する不動産投資家として運用しながら収益物件の分析と紹介を行う
Profile image
自分自身は収益物件を所有せず収益物件の分析と紹介を行う

収益物件アナリストのランク

ゴールド会員
プラチナ会員
センチュリオン会員

収益物件アナリストは、当窓口が定めた厳格なる基準に準じてランクが3段階に分かれています。そのランクは、ゴールド会員<プラチナ会員<センチュリオン会員の順にランクされております。

収益物件アナリストになる人はどんな人?

不動産会社に所属経験のある方は資格取得及び業務を行う事は不可

当窓口が提供する収益物件アナリストの資格は、不動産会社に所属した事がある方々は取得する事ができないルールを設けております。これは、収益物件アナリストが中立な立場から収益物件の分析及び紹介を行う第三者機関としての役割を厳守するための取り組みです。

また、収益物件アナリストは、通常はお勤めになられているサラリーマンの方であったり、自分自身で会社を経営されている経営者の方など、他に本業を持ちながら資格を取得して業務を行っている方々が多数です。また、その多くはご自身で不動産投資を行う投資家でもあります。

自分自身も不動産投資を実践する投資家として投資家目線で、資産運用効率を最大化するためのサポートを行います。

収益物件アナリストを行っている職種の方の例

  • 医師
  • 会計士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 歯科医師
  • 看護師
  • 客室乗務員
  • 会社経営者
  • 個人投資家
  • 保険代理店
  • 広告代理店勤務
  • メーカー勤務
  • コンサルティング会社勤務
  • 証券会社勤務

収益物件アナリストの収入は?

年収:200万〜1億5,000万

収益物件アナリストの収入は、お客様との信頼関係の大きさによって大きく変動していきます。努力次第で独立開業する事も可能な仕事となります。

収益物件アナリストは、医者や弁護士と並ぶステータスワーク

アメリカでは、収益物件アナリストに類似したReal Estate Broker Personという資格があり、
医師、弁護士と並んで三大資格と言われています

日本では、不動産を販売するにあたって宅建士の資格を取得し、宅地建物取引業の認可を受けた不動産会社が不動産の販売を一手に行います。しかし、アメリカでは不動産セールスパーソン(Real Estate Sales Person)と不動産ブローカー(Real Estate Broker Person)という2種類の資格があり、ブローカーの方がレベル・地位ともに上級とされています。不動産会社が開業するには、ブローカーの下に付く形でなければ業務を行えません。つまり、不動産会社の事務所を開設するためには、ブローカー資格が必要なのです。