不動産(投資・実需)の相談窓口:ユニベスト

不動産(投資・実需))の相談窓口:ユニベスト

ユニベストは、不動産投資家が運営する不動産投資の相談窓口です。

25歳で不動産投資をスタート。その他にも、株式投資や為替など投資に積極的に取り組む。現在は、東京23区内の中古ワンルームマンションに投資をしている。
投資家:今井 誠
収益物件アナリスト
【本業:消化器内科医】
25歳の時に不動産投資をスタート。医師の先輩の紹介で不動産投資を始めて、現在は神奈川県と東京都内に新築と中古のワンルームマンションを保有。
24歳で、不動産投資をスタート。東京23区に新築・中古のワンルームマンションを保有中。職業柄、株式投資が禁止であったり制限があるため、不動産投資に行き着く。

不動産投資をご検討中の方向けサービス

対象物件が生み出す投資損益が知りたい

長期シミレーション(損益分岐点)算出 サービス

ご自身で、収益物件の損益計算を作成して投資対効果を検証するのは高度なスキルと時間が必要となります。ユニベストでは、投資効率の良い収益物件を取得する為のサポートとしてシミレーション(損益分岐点)算出を投資家の経験をベースに作られたフォーマット&検証要素に従って作成いたします。こちらを利用することで、対象物件の投資損益が簡単に見える化します。
fleximg
fleximg

対象物件の該当エリア家賃推移を知りたい

家賃関連データベース

不動産投資を成功させるには、取得予定物件タイプの家賃相場や家賃下落率を把握して相場感を身につける必要があります。例えば、該当地域の1Kタイプの築年数ごとの家賃相場が分かれば、将来の収支変動リスクを予測することできます。不動産投資で失敗する多くの原因は、情報不足のために相場と大きく乖離した商品を購入してしまったり、ニーズを把握していなかったりと情報の非対称性によって生まれています。これらをふまえて、家賃の変動や相場を理解する事で改善していくことが可能です。

対象物件の該当エリア人口推移

人口推移データーベース

不動産投資は長期的な視点で投資を行っていく必要があります。そのため、長期間に渡って取得した物件が該当エリアで必要とされ需要を保ち安定して運用していく事ができるかを予測していく必要があります。そのために重要な要素は、人口の推移を把握する事です。
fleximg

47都道府県の収益物件損益分岐点分析結果の検索

Not Found
お探しのページは見つかりませんでした。
検索フォームから目的の記事を見つけることができます。

不動産投資で失敗を防ぐ為のメディア(最新記事)

記事ジャンル一覧